パワーワードの意味や使い方について見ていきます。   見るからにインパクト抜群なこの言葉! 意味も、やっぱりなかなかインパクトあるものでした。 記事は下に続きます。 パワーワードの意味 「パワーワード」という言 […]

パワーワードの意味や使い方について見ていきます。

 

見るからにインパクト抜群なこの言葉!

意味も、やっぱりなかなかインパクトあるものでした。

記事は下に続きます。

パワーワードの意味

パワーワード」という言葉を聞いたことがありますか?

「パワーワード」とは書いて字のごとく、「力=パワー」のある「言葉=ワード」、つまり我々の心にとても強いインパクトを与える言葉のことです。

 

もともとある言葉を組み合わせているだけなので、ハッキリとした語源などはわからないものの、実は1974年制作の「ダンジョンズ&ドラゴンズ」というゲームの中の呪文として「パワー・ワード・スタン」「パワー・ワード・キル」などの言い回しが使用されていました。

 

そんな「パワーワード」という言葉が近年本格的に広まったきっかけですが、どうやらTwitter上で連載されていた「ニンジャスレイヤー」という小説のようです。

2012年3月18日投稿の”「アイエエエー!」ニッキキ役員はニンジャに古のパワーワードであるニンジャスラングで凄まれ、 役員のプライドを砕かれて失禁!”という文章が、読者の心にとても強いインパクトを与えた結果、「パワーワード」という言葉が広まっていったのだとか・・・

 

この文章、そして他にも数ある有名なパワーワードを見てみるとある共通点があります。

それはインパクトがあるだけでなく、「意味がよくわからない」ということです。笑

 

上記の文章も、「ニンジャスレイヤー」をしっかり読んでいた人ならわかるかもしれませんが、いきなりこんなことを言われてもちょっと何を言っているのかわかりませんよね・・・笑

ちなみに、良い言葉の時だけでなく、ネガティブな言葉でも強いインパクトがあれば「パワーワード」として認定されるようです。

パワーワードの使い方を例文解説!

「パワーワード」の意味がわかったところで、具体的な使い方を例文と共に確認していきましょう。

 

パワーワードの例文
  • AKB総選挙での「AKBを壊したい」という発言はパワーワードだった。
  • 「おっさんズラブ」とかいうパワーワードがドラマのタイトルでびっくりした。
  • 初めて若者の「マジ卍」という言葉を聞いた時はパワーワードだと思った。
  • 最近のドラマでのパワーワードといえば「僕と不倫しましょうよ」だろう。
  • サンドウィッチマン伊達の様々なゼロキロカロリー理論はパワーワードすぎる。

 

パワーワードの意味が勘違いされているらしい…

上記の例文を見てもわかるように、最近は「パワーワード」の意味が勘違いされていることもあるようです。

元々の「パワーワード」にあった、「意味がよくわからない」という要素が弱くなっており、単純に「インパクトがある」「強く心に残る」「勢いを感じる」という意味で使われるようになってきています。

 

しかし、「パワーワード」という言葉に限らず、使われるうちに元々の意味から少しズレていってしまうのは流行語や若者言葉にはありがちなこと。

「パワーワード」もより使いやすく、親しみやすい意味として生まれ変わっていったのかもしれませんね^^

一言パワーワード10選紹介!

「パワーワード」という言葉の使い方についてはわかったと思いますが、具体的にどのような言葉がパワーワードなのか、いまいちピンとこない!という方もいるでしょう。

と言う訳で、ここからは一言パワーワードを10個ご紹介したいと思います!

 

①まず心の中のデブを殺せ

30キロ以上のダイエットに成功した先輩にダイエットの秘訣を聞いた際に言われたというパワーワードです。

投稿者の「鏡の中ではなく心の中にデブがいた」という感想もなかなか面白いですね!

 

②バブみを感じてオギャる

2015年流行語大賞の候補にも選ばれたこのパワーワード。

知らない人は聞いても全く意味がわからない上にインパクトもすごいですが、ざっくり言うと「女性(主に年下、またアニメキャラ)に母性を感じ、幼児退行すること」なのだとか・・・

 

③説明会という名の地鎮祭

これはうるさい上司が、自分の知らない間に導入されたものに関して怒り、皆がもう理解していることについてわざわざ説明会を開催した、という経緯の中で生まれたパワーワードです。

説明会ではなく、荒ぶる上司の心を鎮める為のものだった、というわけですね。

 

④全ヤクルトの霊場

高野山にあるヤクルトの企業墓(創業者や活躍した人、また社員などを祀るお墓)に実際に刻まれているパワーワードです。

ヤクルトの形のお墓に「全ヤクルトの霊場」という言葉は、どちらかというと人物よりも皆に愛され飲まれたヤクルトたちを祀っているように感じますね。

 

⑤お顔は第二の肛門なんですよ

化粧品のショップ店員さんに言われたというパワーワードです。

食べた物や時間によってニキビができる=第二の肛門という意味らしいですが、言われた方はかなりの衝撃だったでしょうね。

 

⑥いつやるの?今でしょ!

某進学塾のCMから広まったこの言葉も、流行語でありパワーワードだと言えるでしょう。

たった一言が聞く人の心を奪い、皆が使うようになるというのは、かなりの勢いとインパクトを感じます。

 

⑦インスタ映え

こちらも同じく流行語でありパワーワードという言葉です。

今までなかった発想と意味、ワードがとても衝撃的でしたね。

 

⑧面倒だ 信じてしまおう Wikipedia

Wikipediaは便利なツールですが、誰でも自由に編集が可能なので信憑性が低い場合もあります。

しかし情報量などを見ても調べものにはもってこいなことから、このパワーワードが生まれました。

 

⑨前歯でも折ってやれよ。どうせ乳歯だろ。

子どもの頃クラスメイトの嫌がらせを母親に相談したときに言われたパワーワードなのだとか。

インパクト抜群ですが、母親の負けるなという応援の気持ち、そして悩みを笑い飛ばせるような気遣いが感じられる一言でもありますね。

 

⑩おっぱい飲んでねんねして

「げんこつ山のたぬきさん」という有名な童謡のワンフレーズですが、ここに性欲(おっぱい)と食欲(飲んで)、睡眠欲(ねんねして)がまとめられているということで話題となったパワーワードです。

ネット掲示板発祥であり、またもともとある言葉の抜粋ではあるものの、多くの人の共感を集め見事パワーワードに認定されました。

 

まとめ

今回は、「パワーワード」の意味や例文、具体的なパワーワードをご紹介しました。

「パワーワード」とは、心に強いインパクトを与える言葉であり、また多少意味の分からない部分をもった言葉を差しますが、近年は後者の意味が薄れつつあります。

 

ネット上には様々なパワーワードが転がっていましたが、今回は一言で聞く人の心に強い衝撃を与えるパワーワード10選をご紹介しました。

皆さんも自分の中のパワーワードを、日常の中から見つけてみてくださいね!