「それな!」とは、若者が当たり前のように言っている言葉ですが・・・

一度、40過ぎの上司に「それなって、どれのことかな?」とぼそっと聞かれました(笑)

 

まあ上司に言う言葉ではないですが(汗)

というわけで、今日はそれなの意味を見ていきましょう!

それなの意味

ネット上や若者が相槌として「それな」を使っているのをご存知ですか?

「それな」は2014年頃から流行りだし、一時期は女子高生の流行語大賞にもなるほどでした。

 

しかし一方で、意味も使い方も知らないという人も多いようです。

今回は「それな」の意味や語源、使い方などをご紹介します。

 

「それな」は「その通り」「私もそう思う」といった相手への同意や共感、賛成などの意味で、相槌に使用される言葉です。

ちなみに相槌の言葉と言うと他に「あーね」というものがありますが、こちらは「あーなるほどね」の略のような言葉で、単に理解したことを意味します。

 

それなの語源について

「それな」の語源についてはいくつかの説があります。

 

  • 「2ちゃんねる」の用語が語源になった
  • 関西弁の「そやな~」が語源
  • 「それなるほど」の略語

 

どれも本当っぽですよね!笑

何にせよ、気軽に使える相槌の言葉であることには変わりません。

 

例文を見ながら使い方を確認していきましょう。

 

それなの使い方を例文解説!

ここからは「それな」の使い方と例文を見ていきます。

相槌として使用する「それな」ですが、相手の話の内容が良くても悪くても、自分が同意していれば使うことができます。

 

また、完全に同意、賛成をしていなくてもとりあえず話を合わせておきたい、特に自分の意見がない、相手の意見を肯定したいという時にも使用できる便利な言葉です。笑

例文を見ていきましょう。

 

それなの使い方を例文で解説!
  • 「あのラーメン屋ってすごいおいしいよね」
    「それな!」
  • 「先生怒っててやばかったよね」
    「それな~」
  • 「明日のランチ〇〇行かない?」
    「それな」
  • 「あー映画見に行きたいわ~」
    「それな~」
  • 「宿題終わらない~」
    「それな」

     

    賛成、同意の相槌なので、とにかく色々な場面で使用できることが分かりますね!

    しかし、真剣な話をしている場合には「それな」を使用するのはあまりおすすめできません。

     

    自分が一生懸命話しているのに相手に「それな~」とサラっと言われたらどうでしょうか?

    あまり良い気分はしませんよね・・・

     

    適当に聞いていることが相手に伝わると、相手は馬鹿にされたような気分になり、怒ってしまうかもしれません。

    使う場面には気をつけましょう!

     

    良い年をした大人は、そもそも「それな」の意味を理解しても使用しないのが無難でしょう。

    ということで、「それな」の悪い例文もいくつか挙げておきます。

     

    それなの悪い使い方
    • 「もっと勉強しないと受験に失敗するよ!」
      「それな」
    • 「いじめにあってとても苦労したけど頑張りたいんだ」
      「それな」
    • 「好きな子にディズニーランドで告白したいと思ってるんだけど…」
      「それな」

    それなofそれなの意味

    「それな」は相槌に使用する言葉だということがわかりましたが、続いて「それなofそれな」の意味を確認しましょう。

    「それなof(オブ)それな」は、「それな」の最上級だと思ってもらえばだいたい正解です。

     

    「完全にその通りだと思います」「あなたの意見に全て同意します」など、「それな」の持つ共感や同意、賛成の意味を強くした言葉です。

    相手の話の内容や意見に強く共感したり賛成したい時に使うのですが、実際のところネット上でも若者の間でも多くの人が使用している訳ではありません。

     

    突然「それなofそれな!」と言われても相手も困惑してしまうかもしれませんし、「古い言葉を使っている流行遅れの人」だと思われかねないので注意しましょう。

     

    実際にそれなofそれなを使ってみた

    Twitterなどを見てみると「それなofそれな」「それなオブそれな」を使用している人は多くはないものの存在しました。

    誰かの発言に対し相槌として使用している人も多かったですが、このように画像に対してのツッコミ?相槌?として使用したり「#(ハッシュタグ)」をつけて使用している人もいました。

     

    https://twitter.com/natty_in_aus/status/1168535097621929989

     

    あまり日常会話で使用することはなさそうですが・・・

    例文を挙げておきましょう。

     

    • 「昨日のライブ最高だった」
      「それなofそれな」
    • 「オフ会したい!」
      「それなofそれな」
    • 「夏が終わったのに正月太りから戻らない」
      「それなofそれな」

     

    それなはもう死語!?

    「それな」という言葉は今もよく見かけたり耳にしたりしますが、もう死語だという人もいます。

    というのも、「それな」が若者言葉、ネット言葉として流行のピークを迎えたのは2014年、2015年頃。

     

    今は2019年の下半期ですから・・・

    「流行」という視点で見ると4,5年前のものはもう「流行遅れ」とされても仕方がありません。

     

    とはいえ、「それな」は今も使用している人が多いです。

    「チョベリバ」などのように廃れた言葉ではなく、「キモい」「ウザい」のように流行の波が来て、その後も長く、色々な人に使用されている言葉だといえます。

     

    当時高校生だった人は、現在既に社会に出ている人もいるでしょうから、自然と使わなくなったという人もいるかもしれません。

    決して「死語」になった訳ではないと思いますが、自分の年齢や立場を考えて使うようにすると良いのではないでしょうか^^

     

    まとめ

    今回は「それな」という言葉の語源や例文などをご紹介しました。

    「それな」は相手への賛成や同意の意味で相槌として使う言葉です。

     

    最も流行したのは2014,2015年くらいですが、現在も多くの人に使用されています。

    相手の意見を肯定する意味で使用しますが、軽い印象を与えるので、真剣な話の際には使用を控えましょう。

     

    「それな」の意味や正しい使い方を知り、ぜひSNSなどで使用してみてくださいね。